世界遺産 ガラパゴス諸島のエコツアーとダイビングツアー

世界遺産 ガラパゴス諸島 旅行・地図

ガラパゴス・ダイブクルーズ 貴婦人『アルタ』で行く、ウォルフ島・ダーウィン島
ガラパゴス・ダイブクルーズ『アルタ号』の超スペシャル・プレゼント!!
2010年・発表!
※料金にはキト到着時のお出迎えから、ダイブクルーズを終えて、
お帰りのキトまたはグアヤキルまで含まれます。

詳しくはこちらへ

 ガラパゴス諸島は南米大陸から西に約1000kmの太平洋上に点在する大小の島々で、火山活動で出来た海洋島です。大陸とは隔絶され、各島々に固有の生物達が独自の進化を続けながら、今なお生き続けています。
 1978年にはユネスコ(UNESCO)が世界で最初に自然の部の世界遺産(World Heritage Site - Nature)にガラパゴス諸島を指定しました。
 ガラパゴス諸島の魅力は,大海原に浮かぶ島々の大自然と、そこに生息する自然生物です。 人を恐れる事のない生き物達のワンダーランドに興味は尽きません。
 ガラパゴス諸島の名前の由来になったガラパゴスゾウガメは、同じ種でありながら 甲羅の形が島々によって異なります。 鳥達は、お互いに交わることなくそれぞれの 島々で固有に進化しました。ウミイグアナは、は虫類でありながら海に潜ってエサを食べます。
 赤道直下のガラパゴスにペンギンが生息したり、飛ぶことを放棄した為に羽が 退化したコバネウ、足の青いアオアシカツオドリ等々。ガラパゴスでは、植物もまた 島々で異なった固有の進化を続けています。ダーウィンと同じように、ガラパゴス諸島は訪れる人々が進化の不思議を体験できる魅力に溢れています。

世界遺産ガラパゴス諸島のエコツアーを楽しむ

 ガラパゴス諸島のほとんどの島々が国際保護の管理下にあるので、 自由に上陸する事はできません。ガラパゴス諸島への旅行を計画する際には、予め認可を受けたプログラムに参加する事になります。
 ガラパゴス諸島への上陸には、自然保護のためのルールが定められていて、ナチュラリスト (免許のあるガイド)に同行するしなければなりません。一人のナチュラリストは最大18名を 案内する事ができます。彼らは、生物の基礎知識を身につけているので、来訪者の知的欲求を 満たしてくれると同時に、来訪者が自然を破壊しないように監視する役目も勤めています。

ガラパゴス諸島のエコツアーを楽しむ2つの方法

 ガラパゴス諸島のエコツアーを楽しむには、クルーズ船に寝泊まりしながら島々を巡るか、 ホテルに宿泊しながら、デイクルーズを楽しむ2通りがあります。


世界遺産ガラパゴス諸島のダイビングツアー



 


バハ・カリフォルニア専門店メキシカン・カリブのエキスパートのレックスツアーズ
〒101-0047 東京都千代田区内神田2-7-7 新内神田ビル 2階
Tel/03-5765-7010  Fax/03-3525-8383 E-mail:info@lextours.com